toggle
2018-08-02

語学留学のデメリット 〜交換留学の方が語学力は伸びるかも?〜

 

どうも!そのべっきーです

 

最近、英語はできて当たり前みたいな世の中になってきてますね…

どうにかして語学力を伸ばしたいという人も多いのではないでしょうか

 

語学力を伸ばすための方法のひとつとして語学留学がありますが、実際に語学留学をしてみて、交換留学のほうが良かったんじゃないかな・・・と思うことがあります

 

なぜそう思うのかについて、実際に行って感じた語学留学のデメリットです

留学を決めることは大きな決断だと思うので、語学留学か交換留学で迷っているひとは参考にしてみてください!

 

語学留学のデメリット

語学留学は費用が高いとかについては他のサイトにもたくさん書いてあるので、ここではちょっと違った視点からリアルな情報をお伝えしておきます

 

語学学校にネイティブの学生はいない

語学留学を考えている人の中には、留学先で外国人の友達をつくり一緒に時間を過ごすことで語学力が伸びることに期待している人もいることでしょう

ぼくもその一人でした

 

ですが、語学学校に来ている人たちは、僕たちと同じように学びたい言語が母国語でない人たちであり、ネイティブの人たちではありません

 

習得したい言語が英語だとした場合、じぶんを含め語学学校へ通う学生が使う英語は完璧ではありません

英語ができるようになりたくて行くので当たり前ですが。

 

友達と会話をしていてもどうしてもお互いに決まった言い回しを何回も使うようになり、友達との会話で語彙力が増えた実感は正直あまりありませんでした

 

仲間内で間違った表現を使っていても誰も気づかなければそれが正しい英語として自分の中で定着してしまう可能性もあります

 

交換留学をして現地の大学へ通えば、周りの学生の多くがネイティブの人なので、友達と日常会話をすることで語学留学よりも自然に語学力が伸びるのかななんて思いました

 

 

学校にいる時間が意外と少ない

ぼくが通っている語学学校では学校にいる時間が思ったより少ないというのが率直な感想です

 

1コマ80分の授業がだいたい1日に3コマあるのですが、正直少し物足りません

 

午前中で授業が終わる日もあるのですが、人によって時間割がバラバラで午前中に終わっても友達がまだ終わっていないことが多く、そういう時は家に帰って一人で勉強してました

 

一人で家で勉強するのなら日本でだってできます

 

母国語が同じ人たちと固まってしまう

せっかく語学を習得しに語学学校へ来たのに、授業以外の時間には同じ言葉を話すひと同士で固まっている学生が多くいました

 

はっきり言ってこれは時間とお金の無駄です

 

もちろん、留学先で出会うのもなにかの縁なのでそういう友達も大切にすべきです

ただ、授業以外の時間はずーっとそういう友達といる人たちも多く、なんのために来たのだろうということになってしまいます

 

自分がそういう人たちと関わらなければいいというのも一つの解決策かもしれませんが、キッパリと拒みすぎると変な奴と思われるので難しいところです

 

語学学校へ行くのなら日本人が少ないところへいくことをオススメします

 

 

最後に

以上、実際に語学留学をして感じた語学留学のデメリットでした

 

もちろん、語学留学にはデメリットだけでなくメリットもあるので、語学留学を否定しているわけではありません

メリットについてはこちらの記事に書いています

 

自分が留学でなにを成し遂げたいのかという目標をしっかり定めて留学に挑むことが一番大切です

 

最後までよんでいただきありがとうございます!

 

 

All the best, YuKi

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください