toggle
2019-01-05

1人だけを好きになるのが難しい。生きづらい日本


好きになる人って1人じゃないとダメなんですかね?

今回は、ふと感じた恋愛観について赤裸々に書き残しておきます。

普通は言ったらおかしいことも書いてるので、反感を覚えたらこういう考え方の人もいるんだな〜ぐらいに思ってくれれば幸いです。

考えを綺麗にまとめたわけでもないので読みにくいかもしれませんが、走りながら書きます。


ぼくは男女問わず惚れやすい性格だと自分でも自覚している

人としてすぐ誰かを好きになってしまう

自分が持っていない価値観や性格だったり、尊敬できるところがあると速攻で落ちる

軽いと思われるかもしれないけど、人を好きになるときはなってしまうものだ

日本では世間一般的に、好きな人や付き合う人が同時に2人以上いたらおかしいとされているけど、ぼくにはそれがちょっと理解できない

ちょっとというか、だいぶ

70億の人が地球にいるのに、その中から1人だけを選んで付き合っていかなくちゃいけないってハードすぎる

結婚してから誰ともデートしちゃいけないなんて絶対無理だ

目の前に寿司もハンバーグもカレーもケーキもあってどれも大好きなのに、1つだけ選んで一生それしか食べられないのと同じ

どれだけ寿司が好きでも、さすがに寿司だけを食べ続けていたら他のものが食べたくなる

みんな違ってみんないいからどれも食べたくなってしまうのだ

グローバル化とか多様性などが叫ばれるようになって久しく、個人の趣味嗜好も細分化されたこの時代に、恋愛に関しては”愛する人は一人”という考えだけがいまだに美徳とされているのが不思議

たしかに一生の愛を誓い合って最期まで添い遂げる純愛も素敵だ

それを否定する気もないし、少しは憧れたりもする

ただ、いろんな人を知ることで目の前にいる人の良さがわかることもあるだろう

恋人がいるときにも他の人と遊びに行くことで、恋人の良さがよくわかるということだってある

遊びに行って、そっちの人の方がいいなと思ったらそのときはその時だ

自分の感じたことに従わずに、世間の枠にとらわれて自分の人生を生きないというのが嫌だ

それが世の中であり、自分がまだまだ未熟なだけかもしれないが

もちろん付き合っている相手の感情を傷つけることになるだろうし、遊んだ人も傷つけるかもしれない

でも自分の気持ちを隠して一緒にいたところでいずれバレるだろうし、長い年月が経ってから相手に気づかれるよりはさっさと正直に伝えた方がいいに違いない

自分も7ヶ月前までは彼女がいた

そして何を隠そう、元カノと付き合ってる間に関係を持った人も何人かいる

でもそれは性欲のはけ口とか、一回限りのワンナイトとかいうわけじゃなくて、その人たちに好意があってのことである

好意というよりは自分の中では愛に近いようなもの

向こうに好意があったかは定かではないけれど

自分のポリシーとして、恋愛的な意味で好きでもない人とは体の関係を持たないというのがある

友達としては好きだけど、恋愛対象として見れず、家に呼んだけど指一本触れなかった人もいる

だから、ワンチャン狙ってヤれたらポイっていう考えの人の気持ちがよくわからない

自分の場合、指一本触れなかった人とはそのあと連絡をとってないことの方が多い

一方で、関係をもったけど付き合ってない人とは疎遠になりたくない

これまた相手がどう思っているかはわからないけれど

寝れたからキープしたいというわけでは断じてなく、大切だと思う人だから失いたくないのだ

大切で失いたくないのなら関係を持たなければいいのにと思われるかもしれないが、大切だからこそ関係を持ってしまうのである

これが難しい

そもそもヤリ捨てポイを考えている人がいたらそいつを殺りたい

誰かの愛娘であり、誰かの親友であり、誰かの好きな人かもしれない人をなんだと思っているのか

到底理解できない

小さい頃から女の子と接する時間が割と多かったからこそ、そう思うのかもしれない

自分の女友達とか妹をそういう目でしか見てないやつがいるとしたら、すぐにでもそいつの息子を噛みちぎりに行って、イく前に逝ってもらいたい

ここまでダラダラと書いてしまったが、何が言いたかったかというと、

愛のないSEXは到底理解不能

女性を快楽の対象としてしかみてないやつは殺りたい


そして、人をすぐ愛してしまうがために、1人の人としか一緒にいられないのが心苦しい

ということを言いたかった

これを言っても理解してくれる人はなかなかいないだろうから自分の思いを整理するためにこうしてあまり読まれないブログに書いてみた

気持ちが浮つきやすいやつと思われるかもしれないけど、決して浮ついてるわけではなく、それぞれに真剣なのである

一夫一妻制よりも一夫多妻制、それよりも多夫多妻制が個人的には理想

もちろんそれぞれがお互いに平等に愛し合えることが前提で

少子高齢化も改善するかもしれないし

今回こう思った背景には、自分の恋愛経験だけじゃなくて、昨年の4月から日本ではないところで色々な恋愛とか家族、生き方を見てきたことも少なからず影響しているに違いない

みんなそれぞれ事情は違うけれども、1つの枠に囚われないで一度きりの人生を楽しんでいる人との出会いが多くあった

母親はイタリア人、父親はドイツ人だけど生まれたのはフランス。でも今は違う国に住んでいて、両親は離婚しているというような人にも会った

両親が離婚した悲しみを引きずっている様子もなく、人生を楽しんでいるように見えた

離婚した彼の両親だって、一緒にいて幸せでなかったのならば、別れて間違いではなかっただろう

こうしたことから思うことは、やっぱり一度きりの人生をみんながそれぞれに楽しんで、その結果お互いにハッピーになれるのがいいなということ

誰かが幸せになると誰かが不幸になるより、誰かの幸せは他の誰かの幸せだと思っている

自分の両親も1年ぐらい前に離婚したけれど、自分はそれで良かった

というか自分に両親の離婚を止める資格はないと考えていた

もちろん、家族4人で集まることがもう2度とないことを思うと少し寂しい気持ちもする

けれど、両親が一緒にいてお互い幸せでないならば無理して一緒にいる必要はない

両親もそれぞれの人生を生きているからには楽しく生きて欲しいと思っている

自分と妹が大きくなってからの離婚だったからこう思える部分もあるかのもしれないけれど


日本で自分みたいな考え方をしていると、まだまだそれで傷つく人が多いのも事実

元カノたちには知られていないはずだけど、もし知られていたら理解できずに傷ついていたに違いない

だからバレないようにやり過ごしてきた

でも、バレないようにと思っている時点で何かしらの罪悪感を感じてしまっている

じぶんが生きたいように生きたにも関わらず

また話が膨らんでしまったけれど、僕にとって日本は生きづらいな〜というのが本音

この記事が読まれることで、自分が日本の常識にあっていないことが知られ、ますます人の愛から遠ざかっていく危険性もある

独りが嫌いで、少し寂しがりやで、自分のことをわかって欲しくて書いたのに、それによって人から避けられるようになるというのはなんとも皮肉だ

ここまできて、書かなければ良かったなという思いすらある

でもどこかに同じような考えの人がいたら、その人もきっと同じような気持ちを抱えて苦しんでいるに違いない

1人でもいいからそういう人に届いたらいいなということを願いながら、ここら辺で終わりにしようと思う

こんな自分語りを最後まで読んでくれてありがとうございます。

最後まで読んでくれたあなたも大好きです。

同じ悩みを抱える人に届くようにシェアしてくれたり、僕にはない考えを教えてくれたりしたらもっと好きになりますっ

ありがとうございます)





関連記事

コメント2件

  • より:

    私個人としては一部理解出来て一部理解できないです。

    愛がなくても、お互いヤリたくてやればスポーツみたいなものだしいいと思う。感覚的にはお互いマッサージし合うようなものだし
    もちろん、ワンナイトが良しとされてない日本では隠すようにやりますが。

    最後になりますが、、、、

    僕があなたに伝えたいことは一つです

    僕はラテン系の女性が大好きです。

    • yukisonobe816 より:

      お猿さんコメントありがとうございます。

      たしかにスポーツみたいなものでもありますね。言われてみればそうかもしれません。
      隠さないといけないのがなんだかなといった感じですね。
      正々堂々とヤりたいです。

      これだけはどうしても伝えたいですが、

      僕はあなた以上にラテン系の美女が大好きです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください