toggle
2018-08-05

海外生活で困った5つのこと 〜やっぱ日本は最高だ!!〜

 

ボンジュール!そのべっきーです

 

4月から語学留学を始めてはやくも4ヶ月が経ってしまいました

ほんと時間が早すぎてビビる

 

ぼくは語学留学を始めて最初の3ヶ月はロンドンで過ごし、4ヶ月目からはニースに滞在しています

 

じぶんもこんなに長い時間を海外で過ごすのは初めてで、刺激的な時間を過ごしてきました

 

 

その一方で、便利な生活が当たり前になっている日本を飛び出して海外で生活してみると、ちょっと困ることや不便なことがあました

 

そのリアルな経験をお伝えしていきます

 

これから留学や海外旅行を考えている方の参考になれば嬉しいです

 

 

コンビニが極端に少ない

まず最初に困ったのはコンビニがめちゃめちゃ少ない!!ということです

 

日本、とくに都内だとちょっと歩けばコンビニがあるみたいなのがごく普通のことですよね?

 

食べ物も飲み物、ちょっとした日用品と本とかも手に入ってお金もおろせたりする便利なあれです

 

極端に少ないって書きましたけど、正直言うとロンドン・ニースで一回も見てません

ぼくが行動した範囲ではコンビニを見つけることができませんでした

 

どっかにはあったのかもしれませんが

 

コンビニという概念を忘れそうです。コンビニってなんでしたっけ。

 

 

もちろんロンドンでもニース でも街中に一見コンビニに見える小さなお店はたくさんあります

 

ただ、お弁当と飲み物しか売ってなかったり、洋服しか売ってなかったり、本しか売ってなかったりと、日本のコンビニみたいに小さな何でも屋さんがないのです

 

なので、日本だったらコンビニに一回行けば用が済むようなことでも、何件もお店を回る必要がありました

 

運動不足を解消するのにとてもいいことだと思います

 

ただ、日本みたいなコンビニがあれば便利なのにな〜という思いをこの4ヶ月で1万回はしたと思います

 

日本に帰ったらコンビニにめちゃくちゃ感謝しながら使わせてもらいます

 

街中にトイレが少ない

コンビニが少ない結果でもあるんですが、日本と比べると街中にトイレが全然ありません

 

日本だと、それこそコンビニや駅など、トイレにいきたいと思った時にわりと近くにトイレがあるとおもいます

 

それが、海外には全くと言っていいほど街中にトイレがありません

 

あるのは公園かパブやカフェ、デパートなどのお店の中ぐらいです

 

なんだあるんじゃんとか思った人もいるかもしれませんが事情が違います

 

まず公園のトイレは有料なくせにだいたいクサイ

そして夜になると閉まる

 

パブやカフェ、デパートもそこを利用していないと使いづらい

 

つまり、普通に街中を散策しているときに急にトイレに行きたくなると非常に困ります

 

あと、スーパーで安いお酒を買って公園やベンチなどの外で飲むことが何度かあったのですが、お酒を飲むとだいたいトイレ行きたくなりますよね?

 

ぼくはお酒を飲むとトイレがすぐ近くなるので、膀胱を鍛えるいい機会になりました

 

 

湯船に浸かれない

ぼくはこの4ヶ月間ホームステイをしていますが、1回も湯船に浸かっていません

 

ホテルなどに宿泊される方は問題ないと思いますが、ホームステイとなると事情が変わってきます

 

まず、最初のホームステイ先のバスルームにはそもそもバスタブがありませんでした

そのうえシャワーもちょろちょろ

 

2ヶ所めのホームステイ先ではバスタブはあったものの、ユニットバスタイプで、前回お湯をためたのはいつなんだろってぐらいバスタブの側面がキレイではなかったので1回もお湯を張っていません

 

あ、そういえば栓がないから貯められないな

 

 

正直、お風呂が大好きな僕にはきつかったです。。。

 

まあこういう文化なんだと割り切るしかありませんが、これからホームステイをしながらの留学を考えている人で湯船に浸かることが習慣になっている人は覚悟を決めておいた方がいいかもしれません

 

ぼくは日本に帰ったら追い焚きしながらシワッシワになるまで3日間ぐらい湯船に浸かろうと思っています

 

サイレンが騒がしい

海外の緊急車両ってなんでこんなに主張激しいんですかね

日本のパトカーとかと比べると元気100倍アンパンマンて感じです

 

もちろん緊急車両なのでその存在を知らせることはとても重要です

ただ、ちょっと音が大きすぎるかなというのが日本人のぼくの意見です

 

あと急に真横で鳴り始めたと思ったら、道を切り開いて100メートルぐらい進んだらピタッと鳴り止む場面に何度も遭遇しました

 

ただ職権を乱用して快適なドライブを楽しんでいるとしか思えませんでした

中の人めっちゃ笑顔だったもん

 

本当に大事なことがあったのだと思いたいですが真相はわかりません

 

日本のサイレンより想像以上にうるさいし、急に鳴ってびっくりさせられます

 

とくに初めて海外へ行くというかたはビックリして腰を抜かすことのないようにお気をつけください

下手するとじぶんが救急車で運ばれることになっちゃうので

 

 

モラルの欠けた人間になる

海外の人は思った以上に信号を守りません

サイレンがうるさいほどいたるところにお巡りさんがいるのにも関わらずです

 

日本人よりのんびりしているイメージなのにそんな急いでるの!?って感じ

自由だから守らないってのもあるかもしれません

 

緑と赤の色がわからないのかな?ってぐらいです

 

 

そしてこんなことを言っている僕も人間。

 

人間、朱に交われば赤くなっちゃいます

 

日本では律儀に信号を守っていた僕も緑と赤の違いがわからなくなってしまいました

日本の国旗が緑丸に見えてしまう日も近いかもしれません。。。

 

 

それと、トイレがないことに触れましたが、その結果、夜が更けてトイレを見つけることが難しい時間になるとそこらへんの物陰に隠れて用を足す人が出現します

 

お酒が入るとトイレが近くなるぼくもその1人になってしまいました

 

そこらへんの野良犬の気分がちょっとわかりました。済んだ後の気分は最高です

 

 

日本ではこんなことはしてなかったなと思うと、自分の中のモラルが崩壊した気がして嫌悪感を抱きます

 

海外に来るということは日本人を代表としてみられることもあるので、これから海外へ行かれる方は日本人としての誇りをしっかり持って行動した方がいいかもしれないですね。

説得力は全くありませんが

 

まあ、郷に入っては郷に従うといことうも大事ですよね

 

 

まとめ

というわけで、実際にぼくが語学留学をして4ヶ月海外で過ごしてみて困ったことをまとめてみました

 

少し不便なことももちろんありますが、それを楽しみつつ貴重な時間を過ごしたいですね

 

日本での生活のありがたさに気づくいい機会でもあると思います

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございます!!

 

 

Merci, YuKi

関連記事

コメント2件

  • usatamari より:

    元気100倍アンパンマンは笑った

  • usatamari にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください